満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁の主成分ケールと大麦若葉の健康効果とは

青汁は身体に良いと聞くことが多いでしょうが、具体的にどう健康に作用するのかご存じでしょうか?青汁とは、緑黄色野菜を絞って作られています。
そのため、青汁を飲めば野菜の栄養を摂取することが出来ます。
青汁の原材料として最もポピュラーな野菜はケールでしょう。
ケールとはキャベツの原種で、ビタミン類やカルシウム、食物繊維を豊富に含んでいます。

カルシウムは牛乳の2倍の量を持っていて、骨の形成や骨密度を高めるのに役立ちます。
抗酸化作用のあるビタミンEも含んでいます。
量としては、一般的に多いとされているピーマンの約3倍も持っています。
毛細血管を広げて血液の流れを良くし、冷え性や肩こり、肌荒れを改善してくれます。
ケールを摂れば、小さな不調の改善から長期的な健康維持まで幅広く期待出来ます。
大麦若葉も青汁には良く使われています。
これは、イネ科の植物で、大麦が20センチメートルくらいの若い時に原材料として用います。
大麦若葉の栄養と言えばビタミンやミネラル、クロロフィルがあります。

クロロフィルは抗炎症や解毒作用があり、コレステロールやナトリウムを体外へ出す働きがあります。
不要な物を出せるため、糖尿病や肥満の人は数値を下げたりダイエットが出来たりします。
また、葉物特有の苦みが少ないため、青汁の主成分とした時に、子どもや野菜が苦手な方でも飲みやすいという長所があります。

複数の栄養素を持っていて、バランスよく摂取出来る点も魅力です。
せっかく青汁を飲むのであれば、主成分にどのような栄養があり、どう身体に効くのか具体的に把握しておくと良いでしょう。

トップに戻る