満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁の飲み方

青汁はからだに良いものだからぜひ飲みたいけど、すぐに飽きてしまう人もいることでしょう。
青汁は一度にたくさん飲むことによりからだに栄養を届けるのではなく、毎日継続的に飲み続けるということが大事になります。
そこで、もう一度青汁の飲み方について見直してみましょう。

まず、野菜の食事の制限がある人や血栓の予防薬を服用している人は青汁を飲むことはできませんし、野菜や果物のアレルギーがある人も原料をみて気をつけなくてはなりません。
飲めるから大丈夫とという人も、家族や友人にすすめる上で、飲むことができない人がいるという知識は必要ですので認識しておきましょう。

青汁は飲みづらいという印象があるかと思いますが、最近は緑茶や抹茶粉末と一緒になっているものや、少し甘さが加わったものなど様々な背品がでており、以前のような飲みづらいという青汁は随分減りました。
しかしながら、その青汁製品がほぼ茶葉だったら青汁の意味はないですし、甘さを主としている製品では必要な栄養素が補給することができませんので、どのくらいの割合で含まれているのかなど内容を見ることが大事になります。
また、飲みやすい青汁はあるものの、やはり青汁のにおいが苦手という人はたくさんいるでしょう。
牛乳にいれたり、ヨーグルトにいれたり、ジュースにいれたりという方法もありますが、特にジュースは糖分を非常に多く含むので、味に飽きてきたときにたまに飲むなどは良いと思いますができるだけさけたいです。
そこで、おすすめの飲み方は、しっかりシェイクをして青汁の粉を溶かして、冷やして飲むと不思議と苦みもにおいも気にならなくなりますよ。
暑い夏の水分補給には特におすすめです。
"

トップに戻る