満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁のメリット、デメリット

昨今、健康ブーム再来のきっか作りにも役立った青汁ですが、万能だと思われる青汁にも
メリット・デメリットがあります。

メリットについて、説明したいと思います。

① 毎日の食生活の改善に、役立てることができる

② 食物繊維が摂取できるので便秘解消になり、腸内環境を整えることができるので、腸内の老廃物を排出することもでき肥満防止につながる

③ 青汁の主原料によって多少の違いはあるが、栄養素がバランス良く配合されているので生活習慣病予防になる

④ 鉄分や葉酸が含まれているので、貧血予防になり体質改善ができる

⑤ 青汁に含まれるメラトニンという成分は抗酸化作用があり、活性酸素を抑制するのでアンチエイジング効果につながる

⑥ 便秘解消になるのでニキビや肌荒れ防止になる

⑦ 粉末タイプは個別包装されているので持ち運びに便利

などが、挙げられます。



続いて、デメリットについてですが、

① 粉末タイプは粉が混ぜにくく、飲みにくい

② お金がかかる

③ 青汁はビタミンやカリウム、リンなどの栄養素を多く含んでありますが、腎臓が悪い方や人口透析を受けておられる方は体外へ排出する力が弱っておりますのでどんどん蓄積されていき、不整脈や血圧の低下などの副作用を起こす場合があり要注意です

青汁に含まれるビタミンKは血液を固める働きがあるので、血液凝固剤を使用されている方は飲みすぎに注意が必要です

⑤ 定められた回数以上に飲みすぎると、腎臓に石ができる可能性もある
詳しくはhttp://www.networkpenetration.com/011.htmlで解説されています。
青汁の一日の摂取量目安はこちらに載っています。

などが、挙げられます。

どのような健康食品でも摂取する人の体質に合わないと害を及ぼします。
中でも青汁は各メーカーが様々な個性を持たせ、数多く販売されております。
使用されている主原料、成分、効果などをきちんと把握して、自分自身に必要な栄養素が摂取できる青汁をお選び下さいませ。

何事も続けることが肝要です。
飲み始めてすぐ効果の出るものではありません。
ですので、長く愛飲できる青汁を選ぶことが必要なのです。

飲みやすい青汁製品を紹介していました。
野菜嫌いのお子様にぴったりです。

トップに戻る