満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁生活、始めてみますか

日本は、高齢化社会に突入しております。
誰でも、長生きはしたいものです。
誰でも、なるべく健康で、病気にならず、毎日を 元気に過ごしたい。
そう、思うのは、誰でも同じです。
では、毎日を健康に過ごすためには、何が必要なのでしょうか。
栄養士は、野菜を心がけて摂取して下さい、と言います。
野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維が、実は、長生きの秘訣なのです。
毎日、必要な目標量の野菜を摂取できない方が多いので、簡単に飲むだけで、野菜不足を 補える青汁の力を借りる方が多いのも、頷けますね。
青汁を検討中の方に、青汁の主原料になる野菜の成分、効果について、 説明したいと思います。
こちらのサイトの栄養成分のページもよろしければご覧ください。

青汁といえば、ケールを思い浮かべるくらい、有名な野菜がケールです。
ケールは、アブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。
栄養素は、ビタミンAは人参の2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上含まれており、 その他には、ミネラル、葉緑素、ギャバ、食物繊維、葉酸、たんぱく質などがあります。
単一野菜でも、十分に栄養価が高いので、青汁の原料になったのです。
ケールの効果としては、ビタミン類が多く含まれているので、カラダの免疫力を高める 働きがあり、ビタミンCの力で、シミ、吹き出物の増加を予防します。
次に有名なのは、大麦若葉です。
大麦若葉も、ケールと同様に、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれておりますが、ケールのような苦さがないので、飲みやすさが人気の野菜です。
大きな特徴は、活性酸素を無害化するSOD酵素が含まれていることです。
SOD酵素は、スーパー・オキシド・ジスムターゼといい、健康なカラダを維持するには、この酵素が必要なのです。
最後に、明日葉についてですが、 栄養価の高さは、ケール、大麦若葉と比べると、群を抜いております。
明日葉の特徴は、カルコンという成分で、この成分はポリフェノールの一種です。
抗酸化作用がありますので、老化防止、アンチエイジングには、最適な成分なのです。
あなたのお好みに合った主原料を選び、健康なカラダを維持できるように、 青汁生活を始めてみませんか?
青汁を長く続けるポイントは、自分にとっておいしいと思える味や品質が高い商品を選ぶことです。
毎日飲むことが理想的なのでまずい商品では長続きはしません。
いくつかの商品を試して嫌にならずに飲めるものを見つけることが大切です。
こちらのサイトには、朝の青汁で食生活の改善について詳しく解説されていました。
是非ご覧になってみてください。

トップに戻る