満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

腸内環境を整えるには

毎日の野菜不足を補うため、青汁を飲まれている方が多いと思います。

青汁と聞けば、ケールを思い浮かべられる方も多いのでは?
少し前までは、青汁の代表的な主原料はケールでしたが、最近の原料には大麦若葉や明日葉、クマザサなど、ケール以外の野菜も、多く使用されるようになっております。

中でも、「明日葉」は、中国の始皇帝が、不老長寿の薬草「明日葉」を探しに、日本に来たという伝説のある、薬草なのです。

何故、「明日葉」が、不老長寿の薬草なのか?
それは、「明日葉」の持つ栄養素に理由があります。

「明日葉」は、ケールト比べると、食物繊維が約1.5倍以上、ビタミンB2は約1.6倍も含まれており、その上、ミネラル、鉄分、ポリフェノール、カリウム、カロチンが豊富に含まれているのです。
特に、カリウムは、体内に蓄積された毒素、老廃物を体外へ排出させる働きがあり、 代謝を促す栄養素なので、むくみ予防、セルライト解消の作用があります。
このデトックス効果は、太りにくい体質を作ってくれるので、高血圧や肥満体質の改善に繋がるのです。
始皇帝も、腸内環境を整える事が、不老長寿の秘訣だと知っていたのでしょうか。

また、「明日葉」には、食物繊維が、ケールの約1.5倍以上も含まれておりますので、 腸内に蓄積された老廃物を排出し、腸内環境を整えてくれるのです。
腸内環境が良くなると、便秘解消、肥満防止、むくみ、肌荒れやニキビの改善になり、 口臭や体臭の予防にもなります。
頑固な便秘に苦しんでられる方には、青汁にオリゴ糖を加えて飲む方法をオススメします。
オリゴ糖は、飲みにくい味の青汁を甘くして、飲みやすくし、その上、お腹の中の善玉菌を活発にしてくれますので、腸内環境を整えるには、最強の組み合わせになります。
安眠効果も欲しい方は、温めた豆乳に青汁を混ぜて就寝前に飲むと、豆乳の持つ トリプトファンが働き、ぐっすりと寝られるようです。
血糖値の高い方、コレステロールが気になる方は、「明日葉」入りの青汁を、 お探しになられては、いかがでしょうか。

こちらのサイトの明日葉青汁についての解説ページもオススメですので、ぜひご覧になってみてください。

トップに戻る