満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁の効果

毎日の食事が不規則で、野菜不足を気にする方に、人気の青汁ですが、 飲まれる理由は、大半の方が、健康を考えての事だと思います。
青汁には、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった成分が豊富に含まれておりますので、 飲むだけで、1日に摂取しなければならない野菜量を、補えますものね。
それから、青汁は便秘を解消してくれます
便秘は、様々な病気の元になる可能性が高いので、病気にならないためには、 腸内環境を整えて、栄養を吸収しやすくする。
摂取した栄養を、エネルギーに変え、腸にたまった毒素や老廃物は、毎日排出する、 このリズムを作るためにも、青汁が役に立ってくれるのです。

こちらのサイトの青汁の摂取方法とポイントについての説明も、とても分かりやすいので、参考にしてみてください。

一般に使用されている青汁には、ケール、大麦若葉、明日葉があります。
これらの持つ野菜の効果について、少し説明したいと思います。
まず、代表的なケールは、ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれておりますので、販売されている 青汁の中でも、一番多く使用されている野菜になります。
ケールには、ケールの特徴ともいうべき、イソチオシアナート類という、 辛味成分が含まれておりますが、この成分は、脳血栓予防に加え、殺菌作用、 また、解毒酵素の活性化やガン予防に役立つ成分なのです。
次に、大麦若葉ですが、大麦若葉は、イネ科の植物で、ビタミン、ミネラル、 食物繊維の他、カロチンを非常に多く含み、青汁の原料になる野菜の中でも、 抜群に栄養バランスが良いので、人気の野菜です。
中性脂肪の減少、コレステロールの抑制効果が高いので、脂質異常を気にされて おられる方に、特に、オススメの野菜です。
最後に、明日葉ですが、この名前には、今日摘んでも、明日にはまた新しい芽が 生えているから、明日葉という名前が付けられました。
生命力の強いせり科の野菜です。
ビタミンB、カロチン、ナトリウム、カリウムなどが多く含まれていますので、 生活習慣病予防をされたい方には、最適な野菜と言えます。
他にも青汁の効果が紹介されているページとしては、例えば、 青汁比較サイトなんかが充実しているかもしれません。
日本人の15歳以上の野菜摂取目標量は、350グラムと言われます。
が、どの年代の人も、足りていないのが、現実です。
毎日のコップ1杯の青汁で、野菜不足を補い、健康なカラダを手に入れませんか?

トップに戻る