満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

青汁でおいしいスープを作ってダイエット食に

手軽に野菜不足が解消できる青汁。
水や牛乳に溶かして飲むのが一般的ですが、お菓子や料理の材料として使われる事もあります。
粉末タイプの青汁は様々な料理に応用できるので便利です。
今回はダイエットにもオススメな青汁を使ったスープのレシピをいくつかご紹介します。

最も簡単に作れるのは、市販のカップスープの素に青汁を混ぜるだけのレシピです。
手間も時間もかけずに栄養満点のスープができます。
お湯の代わりに冷たい牛乳を使って冷製スープにすれば、暑くて食欲の落ちる夏でも食べやすいです。
スープの素はお好みのもので構いませんが、ポタージュは腹持ちがよいのでオススメです。

次に紹介するのは、青汁入り根菜スープ。
まず、大根・じゃがいも・にんじん・れんこんを食べやすい大きさに切って水に入れ、アクを取りながら5分程煮ます。
ハム・青汁を加えて中火で3分程煮たら、みそと豆乳を入れてひと煮立ちさせ出来上がり。
青汁も根菜も食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に効果的です。

最後はグリーンオニオンポタージュ。
ごはん・玉ねぎ・水を鍋に入れ、玉ねぎが柔らかくなるまで煮たら牛乳・青汁・塩・こしょうを加え、ミキサーで混ぜて出来上がり。
夏は冷たいままでもおいしいですが、寒い季節は鍋に移して軽く温めてください。
ごはんが入っているので、主食の代わりにもなるスープです。

青汁に使われる野菜はたくさんありますが、より高いダイエット効果を期待するのであれば、明日葉が原料のものを選びましょう。
明日葉の特有成分のカルコンは新陳代謝を活性化し、老廃物の排出を促進する働きがあるからです。
むくみやセルライトの解消効果が期待できます。

お手軽なものから少し手の込んだものまで、お気に入りの青汁スープを日々の食事に取り入れ、無理なくダイエットを続けましょう。
"

トップに戻る