満足度の高い青汁を選ぶ方法を解説します!
青汁比較ランキング
  • 文字サイズ小
  • 標準
  • 文字サイズ大

【特徴ピックアップ】青汁の原材料について考える

青汁の品質や満足度を左右する重要なポイントの一つとして挙げられるのが【原材料】です。
どんな野菜をメインに使用しているかによって、満足度は大きく左右されます。

そこで、このページでは、青汁の原材料として使用される野菜について詳しく解説していきます。
野菜ごとの特徴を知っていくと、青汁選びもスムーズになりますよ!

代表的な野菜1:明日葉(あしたば)

明日葉は、青汁の原材料として最も代表的な野菜の一種です。
カルコンという特別な栄養素を含み、身体のめぐり力を高めてくれるパワーが期待されています。

それ以外にも、クマリンなどのポリフェノールが豊富に含有されています。

ビタミン類としては、β-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富です。

健康にも美容にも幅広く役立つ、力強い野菜として注目されています。

珍しい日本原産の野菜で、八丈島などの温かい地域に自生しています。
八丈島では、古くから天ぷらなどにして食されていました。

味はクセがなく、苦みも殆どありません。
ほのかに甘味を感じるのが特徴で、明日葉の青汁は非常にすっきりと飲みやすいのがメリットです。
ひと昔前まで主流だったケールと比べると、その差は一目瞭然!

「最近の青汁が美味しい」と言われているのは、原材料に明日葉が使われるようになったことが大きく関係しています。

・ダイエットやむくみ解消を目指している
・毎日を若々しく過ごしたい
・イキイキとした日々を送りたい


そんな方にお薦めしたい野菜です。

明日葉を主な原材料として使用している製品には、ふるさと青汁が挙げられます。
ふるさと青汁は、初回購入時に全額返金保証つきの2週間分のサンプルがプレゼントされます。
まずサンプルを飲んでみて、万が一味や匂いなどに満足できなかった場合は返品できます!

とりあえず試してみたい…という方にもぴったりの内容です。
ぜひ、試してみてください。

代表的な野菜2:大麦若葉(おおむぎわかば)

大麦若葉は、大麦を青いうちに摘み取った野菜。
SOD酵素やビタミン類などが含有されているのが特徴です。

美容に嬉しい成分が豊富に含有されているという点が注目されています。

味はクセがなく、飲みやすいのが特徴。
明日葉と同様に青臭さが少ないので、非常に続けやすいと評判です。

・美肌と美容にアプローチしたい
・身体の中をすっきりキレイにしたい


そんな方にお薦めしたい野菜です。

大麦若葉を主な原材料として使用している製品としては、ふるさと青汁が挙げられます。
ふるさと青汁の主原料は明日葉ですが、大麦若葉も主原材料として使用されています。
いずれも無農薬栽培されたものが使われているので、安心して飲めるのがポイントです。

代表的な野菜3:ケール

ケールは【元祖青汁の材料】と言っても過言ではない材料。
緑黄色野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が豊富ですが、苦みが強烈で飲みにくいというデメリットがあります。
「まずい、もう一杯」という名言を生んだのもケール青汁です。

栄養価的には、食物繊維やビタミン類がバランスよく含有されています。

味はとにかく青臭くて苦い!
昔ながらの青汁のイメージです。

トップに戻る